×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

生活習慣病と睡眠

生活習慣病の原因としては色々とありますが最近は睡眠不足が増えているといわれています。睡眠時間はしっかりととっていてもなんだか眠い人、睡眠時間があまり確保できていない人、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める人などもいます。生活習慣病の一つ睡眠不足は、どんな体への影響が出てくるのでしょうか。まず女性の場合には特に気をつけたいのが美容です。生活習慣病は美容の大敵ともいわれています。午後10時から午前2時の時間帯というのは睡眠中に肌をきれいにしてくれる時間といってもいいので、この時間帯に寝るようにしなければ、肌がぼろぼろになってしまいます。そして生活習慣病の睡眠不足が長引けば、日常生活でも集中力が欠けてしまったり、イライラする、事故を起こすなど大きなことにもつながりますので注意が必要です。実は睡眠不足は、生活習慣病の高血圧にも影響を与えるということをご存知でしたでしょうか?高血圧を悪化させることにもつながりますから、生活習慣病予防のためにも、睡眠はしっかりととっておく必要があるのです。では生活習慣病を予防するために生活のリズムをとるためにはどうすればいいのか、それは体のリズムをしっかりと整えることが大切です。お風呂に入ってリラックスして寝る前は部屋を暗くしたり、寝る前は食べない、カフェインを飲まない、眠れないことに対してこだわらないことなども大切です。生活習慣病予防のためにも睡眠はしっかりととるようにしましょう。

 

巷で話題沸騰中の飲むだけで痩せるダイエットドリンク!