×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

お風呂場のカビ掃除

カビの好きな環境を、お掃除ではなくしていけばカビが住みにくい場所になりますよね。
では、実際どのようにおお風呂のお掃除をしておけば、カビを予防している事が出来るのでしょうか?
先ほどのカビが好む環境と反対の事をすればよいのですから、おお風呂場の中の温度を低くして、湿度が上がらないように乾燥させる、そして、お掃除でカビのエサをなくす、という事があげられるでしょう。
この基本を日々、心がければ、カビの発生している確率はグンと下がってきます。
そうすれば、カビ掃除にかかる時間も省けますので、ぜひ、カビ対策を今日からスタートさせてみましょう。

 

まず、おお風呂の残り湯をそのままにしておくと、湿度が上がってしまいますので、家族で続けて入浴したら即座に水を捨ててしまいましょう。
その時、桶等を使用して、洗い場に残ったシャンプー、石鹸の泡等を流して軽くお掃除しておきます。
これで、カビの栄養分源となるものを除去できますよね。
そして、カビ予防でよく言われている事ですが、冷水シャワーで周りの壁や洗い場、湯船を冷やしながら洗い流します。
これによって、おお風呂場の中の温度が一考え抜くに下がりますし、汚れを流して掃除している事で、アカ等のカビの栄養分源をなくします。
換考え抜く扇をつけるか、窓をあけて、換考え抜くをしよう。
これで、乾燥した状況になるので、カビが住みにくくなるでしょう。
換考え抜く扇ですが、ほんの2時間程度では足りません。
ずっとつけたままにしておく事をお勧めします。